外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】ボストン連続爆破テロ容疑者のチェチェン系兄弟のうち、兄で死亡したタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)が昨年半年間ロシアに滞在した経緯が捜査の焦点に浮上。イスラム過激派とロシアで接触した可能性が指摘される一方、父親は21日、滞在中に過激派の影響は見られなかったと説明した。弟ジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)は、喉のけがのため会話ができない状態。筆談で取り調べに応じ始めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信