外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ラハイナ(米ハワイ州)共同】環太平洋連携協定(TPP)交渉の日米協議は29日、日本の牛豚肉関税の緊急輸入制限(セーフガード)の発動基準で最終調整に入った。牛肉は協定発効15年目に輸入総量が約73万9千トン、安い価格帯の豚肉は10年目に15万トンを上回った場合に発動する。

共同通信