外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の黒田東彦総裁は26日、金融政策決定会合後に記者会見し、物価上昇率は2015年度の早い時期に2%に達する可能性が高いとの見通しを示した。大規模な金融緩和により景気回復が進むとの想定を反映し、13年度、14年度の物価見通しを大幅に上方修正。物価上昇目標を2年後に達成する道筋を明示した。物価が目標に沿って2%前後で安定して推移すればデフレ脱却に大きく近づくことになる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信