外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 約80年前に提唱され、物理学の基本法則とされる「不確定性原理」に欠点があり、成立しない場合があることを世界で初めて実験で見つけたと、小沢正直名古屋大教授(量子情報科学)らのチームが15日付の英科学誌ネイチャーフィジックス電子版に発表した。この原理は、電子や中性子などのミクロの世界を説明する量子力学の根幹で、さまざまな物理現象の測定限界を決めるとされている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信