外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 与野党は17日、安全保障関連法案の参院平和安全法制特別委員会での採決をめぐり攻防を続け、国会は緊迫化した。鴻池祥肇委員長(自民党)は開会を宣言したが、野党が委員長席を取り囲み激しく抗議。民主党は鴻池氏の不信任動議を提出した。午後に与野党が討論し、採決する。与党は週内成立の方針を維持し17日中に採決したい考え。自民党の佐藤勉国対委員長は党会合で参院側の混乱を踏まえ「衆院で再可決する60日ルールの行使も視野に入れなければならない」と述べた。

共同通信