外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 6歳未満の子どもを実子として引き取る特別養子縁組のあっせんを2013年度に実施した児童相談所は全体の6割弱にとどまることが24日、厚生労働省研究班の調査で分かった。成立件数は267件だった。この制度は、虐待などさまざまな事情で実親に育てられない子どもが、別の家庭で養育されるようにすることを目的にしている。

共同通信