外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省の元局長村木厚子さんの無罪が確定した文書偽造事件捜査に対する最高検の検証チームが作成している再発防止策の全容が19日、ほぼ判明した。事件について「事実関係の存在を否定する証拠(消極証拠)の検討が足りなかった」と反省し、特捜部が扱う重要事件を地検検事正の指揮から管轄する高検の検事長指揮に決裁システムを変えることが柱の一つになる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信