外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 徳洲会グループの幹部ら6人が逮捕された公選法違反事件で、徳田毅衆院議員(鹿児島2区)の姉スターン美千代容疑者(46)らが、昨年12月の衆院選対策で関連会社などから約5千万円を支出し、一部が地元政界関係者らへの買収資金に充てられた疑いのあることが1日、関係者への取材で分かった。

共同通信