外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 乗客106人と運転士が死亡、562人が重軽傷を負った尼崎JR脱線事故は25日、発生から8年を迎えた。兵庫県尼崎市では遺族らが参列し、追悼慰霊式が開かれた。事故現場から約2キロ離れた尼崎市総合文化センターで開催。事故が起きた午前9時18分には、犠牲者の冥福を祈り黙とう。真鍋精志社長(59)は「一人一人にそれぞれの人生があり、将来に向かって歩みを続けていた。心から深く深くおわびする」と事故を謝罪した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信