外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の犠牲者のうち、DNA鑑定で身元確認された人は、岩手、宮城、福島3県で2383人に上り、全体の約15%になったことが29日、警察庁のまとめで分かった。津波で死亡した人がほとんど。警察は行方不明者の家族からDNAを採取してデータベース化するなどして、身元特定に結び付けた。身体的特徴や歯型、運転免許証などの所持品も併用して確認した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信