外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は20日、連立協議の決裂を受けた今後の対応について「少数政権には懐疑的だ。再選挙がより良い道だ」と強調し、連邦議会(下院)の解散による再選挙が実施された場合には、首相候補として保守与党を率いる考えを示した。ドイツ公共放送ARDのインタビューで語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信