外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ドイツの首都ベルリンの新空港、ベルリン・ブランデンブルク国際空港の開港が予定されていた今年10月27日に間に合わず、再び延期されることになった。ベルリン特別市のウォーウェライト市長が7日、記者会見して発表した。延期は4度目。ドイツのメディアによると、開港は来年以降にずれ込む見通し。もともとは2011年10月のオープン予定だったが、防火対策の不備などが見つかり、大幅に遅れることになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信