外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ドイツ最大野党、社会民主党の連邦議会(下院)議員団長を務めるシュタインマイヤー前外相(54)は23日、重い腎臓病の妻(48)に自身の腎臓を移植のために提供すると発表した。ドイツでの腎移植は一般的だが、現職の有力政治家がドナーとなるのは極めて異例。議員団長職は一時休職する。社民党の議会運営を指揮する立場にあるが、党務よりも家族の治療を優先した格好だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信