ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

独右派政党代表に排外主義の幹部

 【ベルリン共同】難民らの受け入れに反対し、9月の総選挙で第3党に躍進した右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は2日、ドイツ北部ハノーバーの党大会でモイテン代表を再選、2人目の代表にガウラント副代表を選出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。