外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ドイツのガウク大統領(76)は6日、高齢を理由に続投に必要な体力の維持を「確約できない」と語り、来年2月の大統領選に出馬せず、1期目の任期が満了する3月に退任する意向を表明した。ベルリンの大統領府で声明を読み上げた。ガウク氏は1990年の東西ドイツ統一後、旧東ドイツ出身者として初の大統領に就任した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信