外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】ドイツ政府は27日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズとの契約を打ち切ると発表した。同社は、ドイツのメルケル首相の携帯電話などを盗聴していた米国家安全保障局(NSA)の求めに応じ、顧客の通話履歴など膨大なデータを提供していたとされる。契約破棄は盗聴問題の再発防止が目的とみられる。

共同通信