外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】インターネット検索で単語を入力すると、自動的に関連しそうな別の語句を予測し、並べて表示する米グーグルの「サジェスト機能」をめぐり、ドイツ連邦通常裁判所(最高裁)は14日、表示が名誉毀損に当たる場合、同社はこれを削除する義務があるとの判断を示した。ドイツ語サイトで自分の氏名を入力すると、米新興宗教の「サイエントロジー」「詐欺」という語句が続いて表示されるとして企業創業者が提訴した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信