外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ドイツ連邦議会(下院)選挙が22日投開票され、公共放送ARDの出口調査に基づく得票予測によると、メルケル首相の保守与党キリスト教民主・社会同盟の得票率は42・0%で、26・0%の最大野党の社会民主党に大差をつけた。首相の3期目続投は確実で、焦点は連立政権の枠組みに絞られた。ARDの予想によると、同盟の連立相手の自由民主党は4・7%で、議席獲得要件の5%を突破できるか微妙。

共同通信