外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アンスバッハ共同】ドイツ南部アンスバッハで起きた爆発事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)指導者に忠誠を誓っていたとされる自爆したシリア人の男(27)について、同じ難民収容施設で暮らすパキスタン人男性が25日、狂信的なイスラム教徒のそぶりは見せなかったと証言した。同じ難民ら周囲に心の闇を隠していたことが明らかになった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信