【ベルリン共同】ドイツ有力誌シュピーゲル(電子版)は3日、過激派組織「イスラム国」(IS)がドイツ西部デュッセルドルフの旧市街で計画していたとされるテロについて、IS戦闘員10人が関与する大規模な攻撃となる可能性があったと報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。