外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】ドイツ反ドーピング機関は30日、エアフルトにある国立トレーニングセンターで勤務していた医師が、採取した血液に紫外線を当てて同じ選手の体内に戻すという世界反ドーピング機関(WADA)が禁止する手法を使っていたとの報道を受け、28選手の調査に乗り出すことを明らかにした。この医師は「この手法をドーピングと考えるのは誤りだ」との声明を出し、競技力向上に効果はないと反論している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信