外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ナチス政権下、ドイツ各地でユダヤ人が襲われた事件「水晶の夜」から80年となる9日、ベルリンのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)で、メルケル首相らが参加して犠牲者の追悼式典が行われた。ドイツでは大量の難民が入国したことを受けて、難民排斥を掲げる右派政党が伸長。メルケル氏は排外主義拡大に警鐘を鳴らし、過去と向き合う必要性を訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信