外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ドイツ政府は28日、2022年までに全原発の運転を停止する予定だった「脱原発」を先延ばしし、国内に17基ある原発の稼働年数を平均で12年間延長することを閣議決定。政府は、保守中道の連立与党が上院で過半数に達していないため、下院だけの承認で関連法の改正を計画。社会民主党など野党は、政府が上院に承認を求めない場合は「憲法違反」として憲法裁判所に提訴する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信