世界の出来事

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル政権は5日、18歳未満の婚姻を原則禁じる改正法案を閣議決定した。これまでは、裁判所が許可すれば例外的に16歳から結婚が可能だったが、中東などイスラム圏から難民らが大量流入して18歳未満で結婚している少女が急増、与党内で政府に対応を求める声が高まっていた。

共同通信

 世界の出来事