世界の出来事

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル政権は5日、米IT大手フェイスブックなどにフェイクニュース(偽記事)やヘイトスピーチ(憎悪表現)の速やかな消去を義務付け、違反した場合には法人に最大5千万ユーロ(約59億円)、担当の幹部に最大500万ユーロの罰金を科す法案を閣議決定した。近く連邦議会(下院)に提出する。

共同通信

 世界の出来事