外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 猛暑が日本列島を襲い、電力各社でこの夏の最大需要更新が相次いでいる。8日以降、冷房使用が一気に増えたためで、12日には北陸電力、中部電力、九州電力が速報値で最大需要を更新した。東日本大震災後、家庭や企業で節電の取り組みが進み、これまでのところ供給不足は起きていない。しかし、ほぼ全ての原発が停止する中、電力各社は古い火力発電所を稼働させるなどしてしのいでいるのが実情だ。

共同通信