外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は22日、1年で最も気温が低い「寒候期」(12月~来年2月)の予報を発表。猛暑の原因となった北半球中緯度帯の高温状態が初冬まで残る一方、厳しい冬をもたらす恐れがある「ラニーニャ現象」も進行中で、寒さはほぼ全国的に平年並みと予想した。ラニーニャ発生時の冬は、北日本を除き低温傾向があるという。同庁は「暖冬傾向の強かった過去10年の中では、北日本を除き『やや寒い冬』になるかも」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信