外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 多数の熱中症患者を出している今年の日本の猛暑は、インド洋の熱帯域で起こる海面水温の変動などが広く関係していると海洋研究開発機構の山形俊男・アプリケーションラボ所長らが6日、発表した。今後は残暑が厳しくなり、9月からの半年間は雨が少なく暖かい傾向になると指摘している。

共同通信