外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都の猪瀬直樹知事が徳洲会グループから現金5千万円を受け取った問題をめぐり、猪瀬氏の辞職を求める声が18日、与党内で強まった。安倍晋三首相は2020年東京五輪開催への影響を回避する必要性を周囲に指摘し、公明党幹部は早期辞職論を唱えた。辞職圧力が都議会から中央政界に広がったことにより、猪瀬氏は進退問題で瀬戸際に立たされた。

共同通信