外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原発の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムと、ウランを混ぜた化合物(MOX燃料)を使用する九州電力玄海原発3号機(佐賀県)は、事故を起こす危険性が高いとして、佐賀市の市民団体メンバーが使用差し止めを求めた訴訟の判決で、佐賀地裁は20日、「危険性は立証できていない」として原告の請求を棄却した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信