外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ビエンチャン共同】中国の王毅外相は、ラオスの首都ビエンチャンで25日に会談したケリー米国務長官に対し、南シナ海における中国の主権を否定した仲裁裁判所の判断を受け付けない方針を説明した上で、仲裁手続きを申し立てたフィリピンとの直接対話を支持するよう求めた。中国外務省が26日、発表した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信