外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】パレスチナ自治政府のアハメド・クレイ元首相が1日、共同通信の取材に応じ、対イスラエル和平について「直接交渉か間接交渉かは問題でない。交渉内容こそが問題だ」と述べ、イスラエルが将来のパレスチナ国家の国境画定問題などの主要争点について態度を明確に示さない限り、直接交渉入りを拒否すべきだとの意向を強調した。ヨルダン川西岸アブディスの自宅で語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信