外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 STAP細胞の存在を示せなかった小保方晴子氏(31)が退職することが19日、理化学研究所の記者会見で明かされた。理研は調査委員会で、STAP論文の疑問点の調査を続行するが、来年1月にもまとめる予定だった調査結果への影響は避けられない。小保方氏不在で真相解明は一層難しくなる見通しだ。

共同通信