外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 琵琶湖のアユの産卵数が平年の2%程度に激減していることが13日までに、滋賀県水産試験場(彦根市)の調査で判明した。琵琶湖は全国有数のアユの産地として知られるが、漁獲量が大幅に落ち込む事態も予想される。詳しい原因は不明で、県の担当者は「ここまでの産卵不振は異常事態だ」と頭を抱えている。試験場は、アユの産卵期に合わせて毎年8月下旬から、琵琶湖に流れ込む11本の河川で調査を始める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信