外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生年金と国民年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の高橋則広理事長は27日、共同通信のインタビューに応じ、経済環境に構造的な変化が生じた場合は、運用資産の構成割合を見直す考えを明らかにした。ただ「足元で起きていることに過剰に反応するのは避けたい」とし、長期的に年金を安定運用することを重視し、慎重に判断していく姿勢を強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信