外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 細野豪志環境相は17日、緊急記者会見を行い、東京電力福島第1原発事故による放射性物質で汚染されているとみられる土壌が8日、宅配便で環境省に送付されたことを明らかにした。土壌は13日に同省官房総務課職員が埼玉県の自宅近くの空き地に廃棄した後、17日に回収した。細野氏は「あってはならない事案。監督不行き届きがあった」と謝罪。総務課長らを同日付で異動させた上で、関係職員を処分する考えを示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信