外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 環境省の井上信治副大臣は26日、東京電力福島第1原発事故を受けて国が直轄で進める除染事業の計画見直しを30日に発表すると明らかにした。森林除染の条件を緩和するほか、これまで否定的だった再除染にしっかり取り組む方針を表明した。福島県庁で佐藤雄平知事と会談後、報道陣の取材に答えた。森林除染の対象は現在、住宅から20メートル程度が目安だが、井上副大臣は「20メートルにこだわらない」と明言した。

共同通信