外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 環境省が、原発事故による放射性物質の拡散に備え、事故後早期に住民の被ばく線量を把握するためのマニュアル策定に来年度から取り掛かる方針を固めたことが30日分かった。初期調査が不十分だったとされる東京電力福島第1原発事故を教訓に、調査体制を整備する。2018年度予算の概算要求に関連費用約1900万円を盛り込む。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信