環境省は30日、風力発電所を新設する際に法律で環境影響評価(アセスメント)を義務付ける基準を緩和する方針を固めた。現行の「出力1万キロワット以上」を引き上げる。導入が伸び悩む風力発電の設置拡大を図るのが狙い。しかし野鳥の衝突死や森林伐採の増加など自然保護の観点から課題が指摘されており、反発も出そうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。