外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大気汚染の原因となり、中国からの飛来が懸念されている微小粒子状物質「PM2・5」に対応するため、環境省は地方自治体と連携して観測態勢を強化する。専門家委員会を設置して健康への影響を詳しく分析するなどの対策を盛り込んだ緊急行動計画を7日まとめた。石原伸晃環境相が8日、発表する。国民に対して、大気中の濃度に応じてマスク着用など行動の指針となるような呼び掛けも検討している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信