外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高知市朝倉横町の下水管工事現場で男性作業員2人が生き埋めになった事故で、建設業者らが28日、縦穴内にたまった地下水の排水や土砂を固める薬剤注入の作業を続けた。同日深夜になり地下水流入は止まり、高知市消防局のレスキュー隊員が29日午前1時5分ごろから救助を開始した。市消防局などによると、生き埋めになった作業員は吉田勉さん(49)と松永二三生さん(63)=いずれも松山市。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信