外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 焼き肉店で牛のレバー(肝臓)を生で提供したとして、京都府警は15日、食品衛生法違反の疑いで、焼き肉店を経営する精肉店社長仲宗根孝之容疑者(53)=大阪市旭区新森=と焼き肉店店長白滝信彦容疑者(45)=大阪府枚方市東山=を逮捕した。府警生活経済課によると、厚生労働省が昨年7月、生食用での提供、販売を罰則付きで禁止して以降、逮捕は全国初。

共同通信