外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 金融庁が、生命保険の保険料を左右する指標である「標準利率」の計算方法見直しを検討していることが6日分かった。2014年4月から適用する標準利率が確定する今年10月までに、新たな計算方法を提示する。最近の低金利を反映した標準利率引き下げに伴い、保険各社は今年4月、12年ぶりに保険料を値上げする方針。ただ計算方法の見直しで利率が上がれば、保険料は14年4月以降、再び値下げされる見通しだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信