ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

生保9社、外債運用1兆円増も

 生命保険9社の2013年度の資産運用計画が25日、出そろった。日銀の大規模な金融緩和を受けて、国債の利回りが当面は低水準で推移すると見込み、比較的有利な外国債券への投資を増やす検討を進める。低金利が長期化すれば、12年度と比べた外債運用の増加額は合計で1兆円に迫る規模になりそうだ。安倍政権の経済政策で低金利が続けば、外債購入による資産の海外流出が膨らむ可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。