外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天皇陛下の生前退位を実現する法整備を巡り、政府による法案提出ではなく、超党派の議員立法とする案が安倍政権内で浮上していることが分かった。複数の政権関係者が29日、明らかにした。立法府として与野党の幅広い合意で法案を出し、全会一致かそれに近い形で成立すれば、天皇の地位を「国民の総意に基づく」と定める憲法とより整合性を図れるとの考えが背景にある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信