外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆参両院は天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議を政府が設置したことを受け、法案提出前に両院の議長が与野党の代表者らから意見を聴く方向で調整に入った。政府は早ければ来年の通常国会での法整備を視野に入れる。有識者会議の提言を踏まえ、与野党の見解をまとめて早期の成立を目指す考えだ。複数の政府、与党関係者が27日明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信