ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

生活保護の特別控除廃止へ

 厚生労働省は13日、生活保護受給者が働いて得た収入から、仕事に伴う臨時経費を差し引くことができる「特別控除」を廃止し、保護費を抑制する方向で検討に入った。受給者から反発が予想されるが、厚労省はほかの控除を増やし、就労を支援したい考えだ。特別控除は年収の1割が上限で、大都市部で最大年約15万円。2010年7月の全国調査で、保護世帯の3・7%に当たる約5万世帯、控除総額は月額で約9億7千万円だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。