外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 不正受給対策を強化する政府提出の生活保護法改正案は28日、今国会での成立が確実となった。自民、公明、民主の3党が、条文で保護申請の手続きを定めた部分を現状の実務運用から変更しないとの内容に修正することで大筋合意した。3党は生活困窮者向けの自立支援法案も併せて、来週にも衆院を通過させる方針だ。民主党は28日「次の内閣」の会合で修正案を決定し、水面下で各党と調整。29日から正式な与野党協議に入る。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信