外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】ジュネーブの国連欧州本部で開かれていた生物兵器禁止条約の運用検討会議は22日、テロ組織による生物兵器製造につながりかねない細菌、ウイルスなどの管理を各国が強化する方針を盛り込んだ最終文書を採択し閉幕した。運用検討会議は5年に1度の開催。次回までに、専門家会合や締約国会議を毎年開催し、科学技術の向上や情勢変化に合わせた態勢強化策を話し合うことも決めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信