外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】バングラデシュのビル崩壊事故で10日、発生から16日ぶりに救出された女性レシュマ・ベガムさんは、暗闇の中でがれきに挟まった髪を自ら切り、身のまわりにあったボトルの水を少しずつ飲むなど、絶望的な状況の中で冷静さを保ち「奇跡」を引き寄せた。AP通信などによると、ベガムさんは8階建てのビルの中にあった縫製工場の従業員。発生当日の4月24日、3階か4階で勤務中にビルが崩れ始めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信